MENU

PHTO SPACE

写真広場

この広場は、主にスクール主宰のイベント等、何気な写真をアップしています。 (場違いではありますが、セミナーの様子も、また飲み会も有りますが…)春には桜、夏には花火、秋には紅葉と卒業後も時々集まって「写真を撮る楽しみ」を共有しながら腕を磨き近況報告などカメラ談義にも華を咲かせて遊んでいます。勿論私も参加していますので、常々の疑問解消にも役立ちます。少しでもこれからスクールへ来たい方の参考になればいいなぁ、と思えるような写真を目指して、間が開くこともありますが…アップしていきます。

2022.05.112022.05.チューリップ+カタクリ

こちらに来てから、なんか花を撮る機会が多くなったような気がして…、いやいや東京でのスクールは春夏秋冬撮影会で花を季節を追って撮影してたし、気のせいかな。多分近場に(電車やバスで30分圏内)大きな公園が多数あって、ニュースで常に花の特集があったり、出かける車窓から見えたり、北海道では白い景色から一気に彩り豊かな春の景色で、ついつい撮影になるんだろうな。初めて「カタクリ」「水芭蕉」「クロッカス」の群生や「チューリップ」畑など、もちろん「菜の花」や「芝桜」も北(遠くの)の方に行けば…。さてそんなこんなで今日までの櫻以外の写真をアップしますね。まだまだ花シリーズ、続きそう。

 

 

 

 

 

 

 

2022.05.062022.05.櫻

今年は満開の櫻時期を逃したかも、です。水芭蕉撮影の後4月下旬ニュースでは開花宣言、その後満開と言ってましたが「まだ先…だよな」なんて(昨年の例を見ても)油断して、天候も悪くなり…。まぁそれでも二箇所行きまして、確かに過ぎた櫻もありましたが、蕾のある櫻も。ここで首を傾げるんです、ソメイヨシノ、エゾヤマザクラ、チシマザクラ、どの櫻が過ぎてまだこれからの蕾の品種は?と見分けが難しい。。ましてや咲き始めはピンクだけど満開時には白い、とあれば余計に分からない。多分写ってるのはエゾヤマザクラとチシマザクラと思うけど果たして…。まぁ、今年は雪がある山並みをバックに櫻、という場所を探して行ってきました。絞りをいくつにするか、そんな戦いでしたね。

 

 

 

2022.05.012022.04.21.水芭蕉(星置緑地)

なんと、電車で20分徒歩7分の所にこんな所があったんです。ここは1954年頃田畑一面でしたが段々開発が進んで1981年に団地ができさらに市営住宅を建設しようとしたら住民が環境保全に動いて「都市緑地」として残ったそうで、今はマンションは無く周りは一戸建てだらけ、、。野鳥の鳴き声も盛んでいい所でしたね。湧き水があってこれからいろんな花が咲くのでいつ行っても和みそうです












この写真、手前の若芽にピント当てましたが、ちょっと甘い!

2022.04.182022.03.27浅草隅田川の桜

いやぁ、2年振りに隅田川の桜行って来ました。昼間は用事があったし曇っていたのでもっぱら夜撮影でした。いつもの感じではなくなんか今年は綺麗に見えたのは、剪定したと地元民が…、またライトアップが昔は下からのみ、でしたがいつの間にか街灯からのライトアップ、そうなると今までの難しさが一変して夜空と桜、スカイツリーと桜、が撮影しやすく素晴らしいこと!スカイツリーの照明が19時まで桜特別ライティング。都会と桜のテーマではやっぱり東京は場所に困らないですね。真逆で北海道は自然の中に桜、さぁ今年の札幌の桜は、何処へ行きましょうかね。。

  








2022.04.10…2022.冬

今年の冬、ほんとに雪が多かったなぁ。。昨年は氷瀑した滝まで脚を伸ばしたけど結構晴れが多く雪も少なく元気に行けたんだけど、今年は毎日が真っ白な日、お、今日は雪が降ってない、、だけど空は曇っていて青空も滅多に現れない。冬の写真はほんと難しい、そしてこれが続くと「鬱」になるって話は案外本当かもと思う。車に乗って走り出す勇気、これも萎えてしまって…、久しぶりに雪が多かった昔の世界が思い出される2022年でしたね。それでも近場でウロウロしました。トップページのバナーにも使った写真がありますが、やはり「銭函」の海岸は魅せられる。

 

 

 

 

 

2021.11.06【2021.10.12〜11.04】紅葉撮影

やっと、やっと、2021年の紅葉撮影を終えました。終わってみれば北海道は秋が短いんだなぁと今更に知りました。昨年10月末に引っ越し後、思いだせばもう大通公園は終わりになってましたね。旭岳を9月下旬に撮影でしたがもう少し後、多分10月頭が見頃のような、、所謂大雪山連峰、まぁここは別格(場所的に)かな、あ、そうそう通は黒岳かも。そして麓に降りて10月中旬から下旬、市内であれば2週間位しか(一番遠くて車で1時間移動範囲に限り)時間がなく、それでも良くもまぁ出掛けたなぁと頑張った老体に感謝。なんせ初めて行く場所だし、そうそう毎回レンタカーって訳にもいかないし、車中泊も計画したけど一気に夜の冷え込みと雪情報もあったりと準備不足や不安で断念。。来年は初夏から慣れて自信つけなきゃね。

さて、5箇所、ちょっと縦スクロールが面倒ですがご覧あれ。

<10/12・定山渓温泉>ここは市民の奥座敷、何かと行く温泉場です。小1時間、バスで行ってきました。

<10/18.22・大通り公園>四季折々楽しめる市民の憩いの場、2022年雪まつりは果たして…。

TTArtisan7.5mm f2 デビュー

<10/25.定山渓ダム>バスで行けずレンタカーで。ここも小一時間で到着するけど途中下車して色々カシャ!

<10/27.紅桜公園>ここは六義園と平林寺を混ぜたような…、入園料有り。真駒内駅からタクシーで帰りは呼んでもらいました、それくらい奥まっていて、いやぁ次回からはレンタカーですね。。池への紅葉の映り込み写真がキレイで是非と思って行きましたが、なんとイベントで池の真ん中に浮遊する足場が出来ていて残念。名前通りなら桜も期待。

<11/04.北大キャンパス>ここは外せませんね、3回行きまして最後の4日が天気良く人気の銀杏並木が最高でした。夜のライトアップイベントもあるのですが、コロナで中止に。またポプラ並木も超有名で縦位置でしか撮れないけど壮大さに唸るだけ。平成16年の台風直撃で51本中19本根本から倒れ8本が傾く被害。全国から応援と義損金で再生に動いたそうです。

長々とスクロール、ありがとうございました。今年は寒暖差がちゃんとあって、素晴らしい紅葉になったそうです。確かに撮影してて東京での姿・色と違うなぁと思いました。これで1年過ごして冬の雪景色から秋の紅葉まで狭い範囲でしたが、なんとか撮影してきました。また次の一年間少しづつ足を延ばして体力と相談しながら楽しみたいと思ってます。機材軽くしなきゃね。

2021.10.03北海道の紅葉スタート

ご無沙汰ですね、皆さんお元気ですか?やっとコロナが沈静化してるようで一安心ですが、油断は禁物です、秋冬に感染力が増しますから。

さて、テレビなんか見てると9月中頃から毎日のように「大雪山連峰に紅葉が…」とアナウンスしています。その映像はドローンなんでそりゃあ見事で立派。今年は寒暖差あって久しぶりに良い紅葉らしく、いよいよ初の北海道の紅葉を撮影だ、と、ウキウキ。ところが、、思い出しました、実は2012年10月に母と行っていたんです。その時は富良野や五郎さん宅など回って何故かここに来たんですね。多分ロープウェイがあったんで母でも大丈夫と見込んで来たんでしょう。でも流石に降り立って「こりゃ、危ないわ」になって休んでもらって、ちょこっとそのへん散策して写真撮って終わりましたので今回のように姿見の池まで行けたのは初めてで、池もあり噴煙も間近に、、いやぁ紅葉撮りに来たんだけど、高山植物や小さな紅葉はあったけど、やはり降りて麓から見る山自体が良いんだなと改めて思った次第。さてもう一つ、「白金青い池」ですね、ここは有名なんで皆さんも行ったことがあるのでは?私も二回目かな、東京から生徒さん達と礼文利尻に行った後に、こっちに流れて来て。その時は6月だったんで新緑の季節、今度はちょっと紅葉が見えたり…。。夕方写真と朝一番写真が混じってます、やはり朝の時間帯の色がいいね。

 

 







 

 

 






 

この下の二枚は千歳空港の近くにある「ノーザンパーク」にて。



2021.08.05.銭函にて(2021.07.28)

Zfc、デビュー写真。遠くに見える灯は小樽、そこに向かう電車の灯、札幌と小樽の中間の駅、銭函。昔々海水浴に訪れた記憶があって60年ぶり位だろうか。19時半は流石に人出はないがそれでもカップルが夕涼み、花火で遊ぶ若人、その景色に何故か「あぁ〜帰ってきたんだなぁ」ともう一度想う。立ち位置から右手には昔には無い、石狩の風力タービンが数機見える。ここは明るい時間に撮影しないとこの時間では存在感が出ない。そして懐かしさに浸りながらふと思うのは、あれっ、張碓ってあったよな。ここでも下車して海水浴楽しんだはず。調べると2006年に廃駅に、そしてなんと不思議な駅だったと知る。岩場なんで海が綺麗で良かったんだが、今は行けないし辿り着いても遊泳禁止らしい。他には朝里や祝津かな。東京では、何本も乗り換えてお台場、神奈川まで足を伸ばして湘南、思えば海に行くまで結構な体力勝負、でもここ札幌からは電車1本、30分で直ぐに海に出会える。小樽方面もいいが、今度は石狩方面の海に行ってみよう。北海道最古の灯台、石狩灯台、「はまなすの丘公園」は何年か前に東京のスクールの生徒さん達と立ち寄った場所。見どころは沢山有りそ。

 

2021.07.20札幌の紫陽花・豊平公園

やっと紫陽花の季節となり勇んで出かけたが、ここはちょっと遅かったかな。。白樺を背景に紫陽花、これこそ北海道の景色。しかも自生しっぱなしだろうか結構背が高く小ぶりで思わず東京での手入れが行き届いた紫陽花撮影を思い出す。たまたま管理人さんがいて枯れた花を整理していたけど野性味あって目線か下目からあおって撮れるアングルが珍しい。酸性土壌なのか紫が大半で、色とりどり、とはいかないが斜光を待ちながら一周100m(…もないか)をグルグル何回も回り2時間位いたかなぁ、暑かったけど東京に比べればナンテことも無い日でした。。

2021.05.09札幌と日高町の桜

2021.04.28-05.06まで色々調べて4カ所サクラ三昧の撮影。早咲きでタイミングが難しくまた天候にも左右されながら、「大通り公園、中島公園、円山公園と神宮、そして日高町」まだまだ行きたい所があったけど来年の楽しみに。今回は東京と違って背景に人工物が入らない景色が多く、アップをやめて引きで桜の大きさや枝ぶりをメインに撮影。まぁそれはそれで難しいが、わかった事はピントの位置と絞りの数値に難儀したこと。そして写真を検証するとレンズの性能も関係してか解像力が足りないと言うか、どうもピシッとしない。オールドレンズのせいもあるが、中景、遠景にはやはり最新のレンズが良いんだろう。風があることが多かったので、シャッタースピード問題も。もう一つ、一眼レフカメラのAFはこういう細かい被写体は苦手なんだろうと、しっかり三脚にしてMFを使いピーキングが役立つミラーレスの方が向いてる様に思う。象面位相差かコントラスト検出か、改めて今後の課題と再認識した撮影だった。しかし、久し振りの札幌はなんと毎日風が吹く街なんだろう、昔からか?