MENU

PHTO SPACE

写真広場

この広場は、主にスクール主宰のイベント等、何気な写真をアップしています。 (場違いではありますが、セミナーの様子も、また飲み会も有りますが…)春には桜、夏には花火、秋には紅葉と卒業後も時々集まって「写真を撮る楽しみ」を共有しながら腕を磨き近況報告などカメラ談義にも華を咲かせて遊んでいます。勿論私も参加していますので、常々の疑問解消にも役立ちます。少しでもこれからスクールへ来たい方の参考になればいいなぁ、と思えるような写真を目指して、間が開くこともありますが…アップしていきます。

2024.05.01札幌の春風景

GWが始まりやっと札幌も気温の上下はありますが春ですね。いつの間にか「春一番」という言葉を聞くことは無くなりました。今年は例年通り、いや少し早かったかもですが、何箇所か桜を撮影に。桜だけでなく小さな花も元気一杯に天に向かって咲いてます。さて桜、北海道でしか見られない桜があります。蝦夷山桜と千島桜。蝦夷山桜は葉と花が一緒に咲き赤っぽいピンク色。一見すると葉桜で終わりかなぁ、なんて思っちゃいますね。寒さのせいで北海道の桜は色濃く鮮やかに。この記事は05.01ですがまだまだ桜は北上して道北や道東はこれからでしょう。撮影しててもまだ蕾があって楽しめる所もあるのでは。今年の撮影はアップ写真ではなく引き気味のアングル。東京と違い引いてもコンクリートジャングルが写らない、周りの緑も春らしい、なるべく長玉を使い(新旧レンズ、230-200mm)撮ってみました。こういう引き気味の写真はどうしても説明的になりがち。良くあるのは絞り開放にして前後をボカすんですが食傷気味、最近は絞る撮り方が多いかな。それ故難しいとなり試練は続く。尚且つ旧レンズはMFなんで決まればピタッとピンが嬉しいが、ハズレが多いね、、。でもなんか旧レンズが楽しい。勿論新レンズや開放も撮りましたよ。あっそうそう「ヒヨドリ?」の子供が目線くれまして—ピント甘いけどね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2024.02.1901.28.ウトロへ

「トピックス」に少し書き込みしましたが、たった3時間の滞在で「流氷」「オジロワシ」と濃い時間を堪能しました。トップページのバナー写真にはまだアップしてませんが、一足先に ウトロはこんな所 とまずは紹介かな。日の出前の降りたところは「道の駅 ウトロ・シリエトク」、蒼く昏い風景。人気がなく除雪車が数台動いてました。とにかく港へ歩き海を見渡せる所へ。遠くに大きな流氷群が見えてるがまだ接岸してなく、それでも薄く小さな氷が目前に広がり、まるでクラゲのようにも見える。後で追加してこの広場にはもう少しアップしたいと思う。あと付け加えると色味の調整がバラバラになってるのですが、WBを太陽にしているので、朝早い時間は青味があり、陽が上がって見た目の色となってます。

 

 

 

 

 

 

 

2024.01.162024.01.北海道神宮にて

能登半島地震

被災地の皆様へお悔やみとお見舞い申し上げます。

 

今年写真の一歩はまず北海道神宮でのスナップから。小正月にて「どんと焼き』、そして久し振りの大雪に見舞われての風景、なんと初の「鳥撮』。つい先日まで雪が降らず今年は少ないのかな(内陸や日本海沿いは大雪)?と思っていたら、やっと大寒波がきてここ数日は結構な振り方で今も外は吹雪。昨夜は暴風雪注意報が出て夜中はホワイトアウト状態。さてさて、写真に話は戻し今回の鳥撮では–なるほどなぁ機材が全然違うわぁ—と新しい被写体に対峙した時の機材の不足?機種の違い?いろいろ思い知らされましたね。まぁ当たり前に300mm以上のレンズ、そして羽毛の解像感を得るためには高画素のセンサー、ノイズ問題、そしてAFの精度などやはり写真はジャンル別があって機材もそれに準じて選ぶ、ですね。

 

 

 

 

 

 

ウソ。

 

左/ゴジュウカラ、右/シジュウカラ。