MENU

GRADUATE

卒業生達

ここは1クール終えた生徒さん達のご紹介と、その方達のブログがあればリンクして、アップしています。「ブログ」の方にもあります。若い番号には違うものもありますが当時は何か生徒さんのビッグニュースがあれば思わず嬉しくて、アップしちゃうってこともありました。これからは「写真広場」にしますね。

コラム316

Yさん、NikonクールピクスS8200です。建築関係のお仕事で室内や外観撮影の勉強ですがプライベートも。研修で海外に行かれて結構キレイな写真が出来上がり、さらに欲が出たんですね。流石に垂直水平キープで撮ってました。本人曰く意識してないと言われてましたが、潜在的にあるのかな。実践は夜にしました、暗いところでもう少し上手く撮りたい。やはりISOとシャッターのバランス、をしっかり覚えて欲しいです。それと色、ホワイトバランスですね。最近はこう教えています、「構図が決まって動かさず、明暗、色、を解決してからピント、シャッター」と。まだボタンの操作が慣れないのでつい下に向けて操作しますが、これじゃマズイので、頑張って下さいね。特に明暗はバリエーションを創って下さい。これからもスクールの撮影会に参加して貰って色々刺激を。ありがとうございました。そうそう息子さんのサッカーも新たな機能で!!

コラム315

2015,最初の生徒さん、Yさんです。カメラはCanonG1XMarkⅡ。初のカメラでした。もう今は日本にいません。モルディブから貴重な3週間の休暇の中で勉強しました。プロのスキューバインストラクターです。つまり昨年に引き続き水中撮影の生徒さん。カメラも帰国して買ったもの、いやぁ凄いカメラですね。お客さんを連れて潜りますから頻繁に写真は撮れませんがプラベートでやりたいし、ブログ担当なので古いカメラでは辛く心機一転。色々できるカメラ、水中モードもあって楽しみです。カメラの知識は無いのですが勉強の中で「自分なりの水中での操作機能」を確立して、なんか手応えもあったようで嬉しいですね。314の生徒さんもG16で是非モルディブでご一緒して欲しいもんです。流石に私水中での実践が出来ない身でここが悲しい。Yさん、写真送ってね。

コラム314

Kさんです。CanonG16ですね。評判のカメラです。さて、ご覧のようにスキューバ、水中写真、生徒さんでは久し振りです。水中では自分も揺れるし魚も動きますので、一番はピントとシャッタースピードでしょうね。後はケースしての操作に慣れること。水深や濁りなど明暗も重要になります。WBはまぁ、なんとか。やはりカメラのポテンシャルを知って貰うことから授業が始まりました。知らないことが多すぎてまずは昼間の撮影にも頑張って貰い、それを水中にシフトして操作に慣れて行かなければ、思うような写真が出来ません。敢えて昼間でケースを付けて実践も。その場で知ったことも有りました。ご覧のようにフラッシュも購入して。今月は海外に行きますので、失敗のないように、現場で慌てないように、もう一度ノートをまとめておさらいしておきましょうね。行く前に質問あればしてくださいよ。帰ったら見せて下さいね。普段撮影もしっかりね。

コラム313

Kさんです。カメラはCanon S200 。お花の絵を描きたく写真で撮って、、そんな理由で来られました。その段階では写真に興味を持てるか疑問でしたし、他にも沢山の習い事をしていて。でもカメラは結構いいもので勿体無く、写真の面白さも知ってもらいたいなぁ、なんて思いで勉強を始めました。終わってみると〈しっかり撮影時に調整をしたりアングルや、光を考えたり〉ちょっとはまりつつある姿が見え隠れして、良い授業だったのではと。フェイスブックもやってるので気長に遊んで貰えると良いですね。お出かけする際には是非カメラも持って、長ーーい趣味としてこれからも試行錯誤、頑張って下さいよ。いつでもご質問承りますので。

コラム312

Sさんです。カメラはSONYサイバーショットWX10です。何かあったのか「新規まき直し」の勢いを持って半年も眠っていたカメラを出して受講に来られました。そのお気持ちに応えるべく3年前のカメラのポテンシャルを引き出して頑張りました。しかし、7月から始めたのですが体調の具合とか雨に祟るとか、終わるまで時間が掛かりました。同居する猫もしっかり撮影したい、との要望もあってピントとか明暗、色、まずは基本をしっかり学び、あとはシーンモードも利用して、頑張って貰います。私の思いですが是非に、写真を撮る行為、が好きになって欲しいものです。人間の目では表しきれないズームレンズの面白さ、ぼかしの効果を使って背景が…、なんか不思議だけど面白い、に気がついて色々遊んで貰いたいの一心です。其のためにはいつも持ち歩く習慣を、カメラを構えて何でも撮ってみる、そういう地道な作業の繰り返し。やってみようよ。撮影のお供しますよ。

コラム311

Mさんです。カメラはOLYMPUSのスタイラス。まずメールでご相談が有りました。旅行に行くので新しいカメラを推薦して欲しいとのこと。候補で3種類位有りましたが、価格もこなれてきた、小さく軽く、ズームも開放値もと、このカメラに。行く場所では「星撮影」もあったりで、昼から夜まで撮影シーンが満載です。授業は無事に?済みましたが問題はこれからですね。今はスクールで紅葉撮影にあたっていましたので、参加して実践でさらに磨きを掛けます。チャンスがあれば夜景も実践をしたいものです。三脚もお父さんのが有り、まぁ、なんとか耐えられるでしょう。P使いで今回の旅行は大丈夫、むしろ色とか明暗に気をつけて望んで貰えれば完璧です。旅行まで時間があるので兎に角練習して慣れて下さいね。

コラム310

久しぶりの二人授業です。カメラはリコーのGRですね。マニアックで優秀なレンズ、いいカメラです。どうも友人から勧められて購入に。友人のような素敵な写真を撮れるようになりたい…、という動機。7月の初夏からスタートしてやっと終わりました。お二人の調整もお仕事の関係もあって、長いスパンでしたがなかなか真面目に面白さも難しさも実感しながら濃い授業でしたね。男性は写実的に女性はどうも抽象的?にと求めてるような…。まず単焦点レンズなんで自分の立ち位置に拘らなければ画角が決まりません。ズームして安直に撮れないので学ぶには最適ですが、却って苦労するので初心者には大変ですね。カメラの基本は理解できたようでここは安心ですが、どうもボタンの操作に難があります。自分の写真には何が必要なのか、そのためにはこの操作だけ集中して、と整理して下さいね。やれることが多すぎて戸惑う?のですが、取捨選択をして必要不可欠なものだけ、覚えましょう。そのうちに余裕ができて、次に捨てたものを拾って一つ一つ、増やして行けばいいんです。さ、人物に風景に頑張って!この真剣な顔、素敵ですねぇ。

コラム309

Rさんです。カメラはCanon60Dですね。ベトナムの方ですが日本語が素晴らしく助かりました。でも漢字が駄目でボードに書いた日本語がノートには英語でした(驚)。目的はお子さんと風景です。レンズはEF 24-70 f2.8Lを持っては居ましたがベトナムの友人に譲っていて、キットレンズで始まりました。この段階から勉強よりもレンズ購入の話になりEF 24-70 f2.8Lを新たに購入すべきか、となりましたがお子さんの撮影には不向きと説明してシグマのCマーク18-200を買ってもらいました。まずはこのレンズで色々遊んでから次を考えるってことで。まぁ、早速運動会で活躍したので結果オーライです。勉強の方は順調に、特にAF関係は知らなかった事もあり、お子さんのためにも重要な所なんでしっかりね。後は動きものですから慣れが必要です。明暗、色もしっかり理解されて今後が楽しみ。お仕事もされてるので大変ですが、スクールの撮影会を通して頑張りましょうね。あっ、カメラのメニューが英語でした(汗)、今更ながら当たり前で、でも私は焦りました(笑)。

コラム308

Nさんです。久しぶり、一ヶ月振りかな。カメラは?なんでしょうね。初のペンタックスMX1です。開放値が明るい4倍ズーム、いわゆる高級コンパクトです。でもやはりペンタックス、使い込むほどに真鍮造りの良さも発揮し味のあるボディに仕上がります。一緒に初ですから勉強しながらの授業で、結構素晴らしい機能も満載で惚れますねぇ。こういう愚直なカメラはペンタックスやリコーに多いので合併は案外良かったかも。さて、何を撮ってるか?彼曰く〈余り考えずに…〉とのお返事で、確かにスナップが多いです。それとお料理をまめに撮っています。まぁ男の料理なんで出来はともかく…。やはりブレが多い写真でした、それとホワイトバランスですか。なかなかISOとシャッターの関係も難しく、これからも復習しながらですね。ブレが多いのは何もシャッターだけでなく、持ち方やボタンの押し方に問題があるようです。ここまで完成度が高いのに、ファインダーが無いのは辛いですね。液晶を見ながら撮影になるので慎重にやりましょう。後は沢山の写真を見て〈切り取るフレーム加減—構図〉を追々勉強して下さいね。  https://www.flickr.com/photos/59337624@N03/sets

 

コラム307

Nさんです。ハイキングが好きな方ですので、風景ですね。カメラはルミックスのミラーレス1号機、G1です。もう5年前でしょうか。実はこのカメラの生徒さんは二人目。久し振りに取説見ながら「いやぁ、この頃にもうこのシステムがあったんだ」と感心しますね。が、教えてると知らないことばかり!ほんと押せば写ってしまうんで仕方ないんですが、それにしても勿体無いというか、…。AFフレームが動く、3回のシャッターで明暗の違いが3枚、とかWBやISOなど、取っ付きにくい物ばかりですが「撮った写真に不満が無い」んでしょうね。こんなもん!、と思っちゃう。折角のハイキング、色んな花や川、緑や青空、一緒にいく仲間、食事、健康にも良く、写欲が湧きますね。先日も砂丘を見に鳥取へ。砂の表現もアドバイスが効いていい感じに質感も。少しづつで構いませんから、じっくり攻略して…。一つ、逆光に気をつけて、キチンと主被写体の明るさに拘る気持ちだけかな。昨日の「花火撮影」、三脚も買って参加して頑張りました、難しいけどいい写真もあり、明るい日中ばかりが写真ではないんで、色々チャレンジしましょう。ありがとうございました。